信州バザール ~いいものは いつも 人の手で作られる~

2017年11月11日(土)~12日(日)AM10:00~PM4:00 やまびこドーム(松本平広域公園 信州スカイパーク)・入場無料

手でつなぐ、信州の「地産地消」大集合!心地よい木の住まい、使い勝手の良い家具やキッチンから可愛い生活雑貨、地元で採れた農産物 etc...。毎日を楽しく、「いいモノ」で彩る、「信州バザール」には、素敵な暮らしのヒントがいっぱい。

最新情報

ごあいさつ

「いいものは いつも 人の手で作られる」

実行委員長 井坪 寿晴(有限会社 井坪工務店)

信州木造住宅協会は地域工務店による工務店の為の木造住宅に携わる協力団体として発足し、国産材はもとより、信州産材の普及・促進と地域工務店・地域産業の活性化を目的に活動してきました。地域に根ざして活動する我々は、地域の未来に向け活動しなければならない。という強い信念のもと、私たち地域工務店は常に地域の皆様に寄り添い、技術を磨き、良いものを人の手で作り出す事を喜びとしています。

そこで、我々自身を地域に向けて発信し、業界全体として活性化すると共に、同様に地域に根ざし、活動している他の業界との交流を行いながら、共に「地元力」を大きく発信していく場所を設けたいと考えました。地元の中小企業・商店は魅力ある商材や技術を持ちながらも消費者からの認知度が低く、大手企業に比べPRする場が少ないのが現状です。そこで我々の建築業界だけではなく、業界や産業の垣根を越え、この地域に根付いた『衣・食・住』の人達と手を結んで新たな試みを開催してみたい。信州の皆様に地元のチカラが素晴らしいのか、いいものを作り出す人の力があるのかを知って頂きたい。このイベントで様々な方々と協働し、未来に向けて活動していきたいと考えております。

「信州バザール」のモデルとなるのが、静岡で行われた「遠州バザール」。イベントの内容と、主催者の鈴木氏(鈴三材木店代表取締役)の講演はこちらから。

毎日の生活に快適さを提案「住まいの提案コーナー」

毎日の生活に快適さを提案「住まいの提案コーナー」

信州産や国産の木の素晴らしさと木造住宅の魅力を伝える「信州木造住宅 協会工務店ブース」とキッチンなどの水回りや内装材など、毎日の生活を快適に暮らす設備を見て触れて体験、相談もできる「暮らしのメーカーブース」をご用意しています。

地元発の衣・食を提供する「信州マルシェコーナー」

地元発の衣・食を提供する「信州マルシェコーナー」

見て、触れて、楽しい!内容もりだくさん‼イベントコンテンツ

見て、触れて、楽しい!内容もりだくさん‼イベントコンテンツ

アクセス

長野自動車道 松本ICより約8km/20分、塩尻北ICより約3km/15分
会場周辺は混雑が予想されます。駐車台数に限りがございますので、信州スカイパーク大芝生広場の臨時駐車場からシャトルバスをご利用ください。